僕の財布にお金がなかったとき

" ああ、お金がない。昨日飲みすぎたようだ。何も買えないどうしたらいいんだろう。コンタクトの洗浄液がなかった。そしてコンタクトも替えがなく、困っていた。
 そんな私はとりあえずコンビニに足を運んだ。そして何を思ったか、店員に「ごめんなさい、お金がないんですがこれ買わせてください」と言うとこいつは何を言っているんだという顔を店員がした。「あ、いや、やっぱ大丈夫です」とっ撤回した直後に、裏からそのコンビニの店長が出てきた。「お金ないの?」と言われ、「はい」と私。店長はおもむろに財布を取り出し、私に1000円を貸してくれた。「来週までには返してね。」これが僕と彼との出会いだった。
 その後借金することなく、今もよく遊ぶ中である。いつ、どこで、どんなふうに人間関係ができるかなんてのはわからないもんだと思った出来事だった。そんな話も今では恥ずかしい笑い話である。"

こちらのホームページも必見です♪


我慢のとき
© キャッシング限度額の増額は可能か?. All rights reserved.