個人信用情報

カードローンへの申し込みを行うと、個人信用情報機関へ問い合わせが行われます。個人信用情報機関には、個人の借入状況や返済状況、滞納や自己破産などの事故歴が無いかどうかを確認します。

それと同時に、申請時に記入した収入状況などを含み、審査を通すかどうか、又、キャッシング限度額を幾らにするかといったことが決定されます。

この申し込みも個人信用情報機関に履歴として登録されることとなります。これは、複数社に申し込みを行い、多重で借入を行う可能性があるかもしれないことを事前に防ぐためです。

まずは申し込みは1社か2社程度としておくことが安全でしょう。事故歴など問題が無ければ、キャッシング限度額が決定されて、その範囲内で借入することが可能となります。

更に借入、返済状況は追加で履歴として記録に残り、実績が積まされることでキャッシング限度額はアップするといった流れになります。

複数社に申し込みしていることや、すでに所有していることも基本的に個人信用情報への問い合わせによって確認されてしまいますので、キャッシング限度額を高く希望する場合は、この個人信用情報の記録も意識しておいた方がよいでしょう。

この記録内容は、本人であれば開示を請求することが可能です。事前に確認しておけば、安心して申し込むことが出来るでしょう。自分はキレイな履歴のはずだと思っていても、うっかり返済が滞っていたものがあれば、事故歴として記載されてしまいますので注意しましょう。

こちらのホームページも必見です♪


増額相談
© キャッシング限度額の増額は可能か?. All rights reserved.