アルバイトの場合

アルバイトやパートといった勤務形態でのキャッシング限度額は、正規雇用の社員に比べると低くなってしまいますが、借入が不可能ということではありません。

毎月、安定した収入がある場合は審査も通過しやすく、利用実績者数も増えています。特に、勤続年数も3年、5年と継続している場合はより、審査も通過しやすくなっています。

では、アルバイトやパートの場合のキャッシング限度額はどの程度かというと、おおよそ30万円程度が最初は多いようですね。その後は収入や返済実績などから、キャッシング限度額がアップしていくようになっています。

最初から高額では借入が難しいですが、全く借入が出来ないわけではありませんので、地道に実績を積んでいきましょう。

また、金利や融資条件などによっても限度額は変わってきますので、必ず審査後に確認するようにしましょう。しかし、今後法改正が施行された場合の限度額は、年収の3分の1までとなっていますので、その点も注意して借入を行っていかなければいけません。

キャッシングは、急な出費や給料日前など現金の持ち合わせが少ない時に非常に便利なものですが、利用額に今後は注意していかなければいけないのです。

この法改正は、多重債務者の救済が目的でしたが、上手に借入、返済を行ってキャッシングを活用していた方にとっては面倒な改正とも言われています。しっかりと利用については計画的に行っていくことが今後は必要だと言えるでしょう。

こちらのホームページも必見です♪


キャッシング金額と法改正
© キャッシング限度額の増額は可能か?. All rights reserved.